読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンテオンでシーズン7を駆け抜けるブログ。

LOLっていうゲームのことについて書きます!

ブロンズ5という職業について。

今回は僕の職場、ブロンズ5について話をしたいと思います。

 

そこは魔境と呼ばれているブロンズ~シルバーの間の壁、

 

その向こう側にある

 

と言われています。

f:id:otohax:20170209204145j:plain

日本鯖でのLOLがサービスを開始してから約1年ですね。

日本鯖が始まる前、ブロンズ、シルバー帯にいるサモナーの事を人々はこう呼んでいました。

「人間以外の生物である」

と。

 

しかしそれを上回る酷さ、サモナーズリフトの下層中の下層、一番下に位置するブロンズ5は、もはやサモナーは生物であるとは思われていません。

脳をかいしているとは思えないプレー、反省力のなさ等が原因です。

だからこそサモナーたちはブロンズ5のことを嘲笑し、

 

「自分はこうはなりたくない。いや、なるはずがない。」

 

と言うわけです。

ブロンズ5に人権はありません。これは比喩とかではなく、ブロンズ5にいるサモナーはどんなプレイヤーであっても上位レートのプレイヤーに

「だってブロンズ5じゃん」

と言われ、周りもそれに納得してしまうからです。相手がブロンズ4で、相手が悪かったとしてもです。

しかし、多くの、特に日本のサモナーたちはブロンズ5という場所を勘違いしています。

 

最近のアニメでは、しばしば「働きアリの法則」を模した現代日本の皮肉を描いたものが多いですね。

元の意味は違いますが、身分が高い者が立場の低いものを罵ったりバカにしたりして、その優越感で自分を高めようとしているといったものです。

 

話を戻します。

 

日本鯖でよく見る、「下位レートにキレるゴールド、シルバー」を見ると正直爆笑してしまいます。

なんでかと言うと、その人たちはおそらく自分の適性レートがもっと下にあるからです。

 

日本鯖でサービスが開始して失敗したこと、それは間違いなくランク戦を5人でできる制度にしたことです。

だから多くのサモナーはある事実を知りません。

それは、

 

LOLのランクが表すのはキャリー力であること

 

ということです。

それはそうです。

「味方に弱い人をひくと嫌だから、」と甘えてプリメイドでランクをやっていた日本鯖スタートのサモナーたちは自分がキャリーしなくても試合に勝てたんです。

ドフィーダー、AFK厨、disコミュニケーション、no サイトストーン、勘違いアサシン等々、、、

 

僕らが住むブロンズ5に潜むモンスターを味方にLOLをしたことはないでしょう。

 

だからランクで負けたらこう言うんじゃないですか?

 

「味方のフィーダーのせいで負けたわ。」

 

笑っちゃいますね。

 

たぶんこの記事を読んでる人は

「ブロンゴがなんか言ってるわ。」

「流石ブロンゴだな。」

「草。」

等と思っていると思います。というか思っているでしょう。

というかこの記事は誰かのためになるとかいう記事じゃないので知識が得たい人はたぶん読んでる時間の無駄です。

ただもし、

 

「どうしよう。。。ランク戦で負けてブロンゴになっちゃった。。。」

 

「振り分け戦やったらブロンズだったんだけどこれからどうすればいいかわかんない。。。」

 

「ランク戦やったことないけどどうすればいいのかな。。。怖いなあ。」

 

「ランク勝てないなあ。もう疲れたなあ。」

 

と思っているひとたちは読んでみてもいいかもしれません。

 

 

では少し僕たちの場所、ブロンズ5のランク戦について紹介していこうと思います。

 

・チャンピオンピック画面

チャンピオンピック画面。

ここでチーム構成や得意チャンピオンを考えて、BANをしたりチャンピオンを決めたりしますよね。

ブロンズ5ではそんなことしません。

今あなたは

 

「ああそうか。みんな弱すぎるから絶対自分が一番得意なチャンピオンを選ぶのか。」

 

と思いましたね。

違います。

まずブロンズ5ではチャット機能は意味を持ちません。

日本語も英語も伝わりはしません。

グローバル社会に対応するため日々努力する僕たちに光はさしません。

だから希望レーンになんて行けやしないんですよ。

わかりましたか?

 

ごくまれに、チャット機能を利用してくる秀才が存在します。

レベル2、言語を覚え、使い始めたブロンゴです。

しかしその内容がどういうものか、

シルバー、ゴールドの皆さん。想像できますか?

ここで実際に僕が見た、というか僕とduoを組むことになったsupのチャット内容を紹介します。

 

僕「え、エリスサポ?」

エヴァンゲリン君「うん!これKR鯖で流行ってるんだぜ!」

僕「いや、ソラカとか強いよソラカ」

かわにし君「まじで!?エリスサポ行こうぜ!」

フェアリーペンギン君「GOGO!」

 

このまま試合は始まり、エヴァンゲリン君は一生僕の後ろでなぜかミニオンを殴り、ワードをブッシュにもドライブッシュにも置かず、蜘蛛の糸が敵にあたることはなく、もう少しで殺せそうな敵にQを仕掛けることもなく、何故か僕がいないときに敵二人に攻撃を仕掛け死に、ADCは見殺しに自分は空中に浮いてフラッシュを切って速攻でと逃げ、試合が終わるとさっさと逃げていきました。

 

 

ちなみにいないとは思いますがなぜ今回エリスsupをしちゃいけないか説明します。

サポートというのは今のところ

「ADCを育てるためのキャラクター」

です。

絶対に

メイジなら回復効果、シールド付与効果、激しいダメージかつ豊富なCC

タンクならCC

をもっています。

必ずどれかを持っています。

 

エリスはメイジですね。

回復効果かシールド付与か激しいダメージかつ豊富なCC。持ってますか?

 

まあそれでも活躍してくれればいいんですよ。

ぼくもパンテオンsupやって敵のADC殺しまくる試合もありますからね。

でもエリスは

サポートとしての仕事

アサシンとしての仕事

できませんでした。

 

いらないですねえ。

 

仮にKRで流行っているとしたら、それはとっても強いお兄さんたちがエリスというキャラを極めているからです。

極めていない、サポートしてのそのキャラの使い方もわかっていない人が使っても仕方がないんですよ。

 

・ゲーム開始時

ゲーム開始です。お買い物をして自分のレーン、もしくはイニシエートしにみんなでジャングルに行きますよね。

ブロンズ5にはそれより先に大きな問題があります。

 

リスポーン地点に大きな壁があり、フラッシュを切らないとリスから出れない

 

んです。

いや、ぼくは普通に出れるんですよ。

でもみんなリスからフラッシュを履いて出ていくんですよね。そしてなんとダッシュを使って敵のタワーまで直行し死にます。

そしてリスに帰ると、TPを持ってきた人はTPで自分のレーンに帰り、またタワーに突っ込みます。

これが当たり前の世界なんですねえ。

 

買うものにも注目です。

 

僕は今日ランク戦に行ってきたんですけど、すごいですね。

 

最近のアッシュは初手靴を積んで詰め替えポーションを持つのがメタ

 

らしいですね。

いやあすごい!

 

すごいっていうか、まあすごいですね。

死にまくってましたねアッシュ。

サレンダー入れるやつ何回もやってましたね、アッシュが。

名前がryo~~~~だったんですけどチャットも通じませんでしたからね。

 

 

なんていうかこう、もう書くの疲れたから今回はこれで終わりにするんですけど

要するになにが言いたかったっていうと

LOLのランクはキャリー力が試されてるってことです。

 

今ブロンゴにいて暴言はかれて負けて自分のせいにされて萎えてLOL辞めようとか思ってる人、

 

大丈夫です。キャリーしない味方が悪いんです。

 

まあ反省はしましょう。自分のためになりません。

あと一応謝っておきましょう。相手にレポートされすぎるとBANくらいます。

 

常識的なプレーさえしてれば合格です。ブロンズ5にいようとあなたはブロンズ5ではありません。

ただ

 

キャリー力はブロンズ5です。

 

でも安心してください。シルバー、ゴールドにもキャリー力ブロンゴはいます。

もちろん強いゴールドはいるし、さすがにゴールドまでいくとほとんど強いです。

一緒のチームになると

 

「す、すげえ。これがゴールド。」

 

ってなります。

勝手にレーン潰してロームして勝たせてくれてもう気づいたら勝ってるんですね。

 

いいですか。

こういう人が真のゴールドです。

偽物に

 

「負けたのはお前のせいだ!」

 

とか言われて勝手に萎えてLOL辞めないでください。あなたの今までの努力が可哀想です。

 

負けたら反省しましょう。

反省は

 

「シュン。。。」

 

として悲しくなることではありません。

自分のプレーを見直して、どうすれば勝てたか考えることです。

おそらく考えても答えが出ない事のほうが多いでしょう。

そういう時はうまい人に聞きましょう。

なるべくプラチナ以上がおすすめです。

 

「あほやろwww草wwww」

 

とか返信きたらその人に聞くのは止めましょう。

たぶんその人に質問してその人がまじめに答えても正しい答えは返ってきません。

 

ぼくのおすすめはLOL弱の管理人にTwitterかASKで聞くことです。ぼくはTwitterで聞いたらASKで聞いてね、って言われました。すいません。

 

いろんな人のブログ見るのもいいかもしれません。なるべくレートが高い人のブログを見ましょう。正しい知識が多いです。