パンテオンでシーズン7を駆け抜けるブログ。

LOLっていうゲームのことについて書きます!

パンテオンでシーズン7を駆け抜けるブログ。

Hide On Bread

 

みなさんこんにちわ!

LOLの日本鯖でパンテオンをメインチャンプにしているotohaです。

 

このブログでは他のサイトでは見ることができない、パンテオンの使い方、パンテオンでの勝ち方、ビルド等を紹介していきます!

 

記事一覧↓

otoha.hatenablog.jp

 

 

 パンテオンについての特集記事の一覧

otoha.hatenablog.jp

 

パンテオンでいろいろなチャンピオンを殺すための記事一覧。

パンテオンチャンピオン別殺し方図鑑。

 

otoha.hatenablog.jp

 

ちょっと深いところまで行ったパンテオンの記事の一覧。

あまりパンテオンを使ったことがない人にはお勧めしません。

otoha.hatenablog.jp

[http://:title]

 

初心者講座その①

1年くらい前に10人くらいの初心者の友達とLOLをしていていろいろと教えてました。

 

最近また別の友達がLOLを始めていろいろと思ったことがあったので、いろいろと書いていこうと思いますよ、

 

LOLを早く上達する方法

ほとんどのゲームには、うまくなるための方法があります。

LOLの場合、それはおそらく

情報を集め実行すること

です。

 

特にLOLは他のゲームよりも持っている知識が戦況を変えるゲームです。

たくさんのただしい情報をいろいろな場所から集めてきましょう。

 

 

具体的になにをどこから集めてくればいいの?

まず、具体的にLOLがどんな情報から成り立っているかを大きく分類していくと、

 

・マクロ

・ミクロ

・チャンピオン情報

・ビルド情報

・体のケア

・メタ

 

と、いうように別れます。

 

初心者が一番最初にやらなきゃいけないのは、ミクロとチャンピオン情報の収集です。

ゴチャゴチャになってしまうので理由はあとで書きます。

 

まず、上記の5つの単語を見ても、よく意味がわからない人が多々いると思います。

 

・マクロ

いわゆる立ち回りです。

LOLはキルを取るゲームのように見えますが、本来はオブジェクトを取るゲームです。

オブジェクトというのは、タワー、ドラゴン、インヒビター、バフモンスター等の、取ると有利になれるキャラクターデータのことです。

 

このオブジェクトをどのような順番で取っていくか、自分はどう動いていけばいいかという考えがマクロです。

ロール(役割・ポジション)についての仕事もここに含まれると思います。

 

しかしこれは初心者にとっては少し難しいです。

というか、これを覚える前に、LOLに慣れていない初心者の人はミクロ、チャンピオンの情報を覚える必要があります。

 

FPSでも撃ち合い、AIMをする前にいきなり立ち回りには入りませんよね。

 

・ミクロ

この単語が合っているのかわかりません。

言い換えるなら「戦い方」、FPSで言う撃ち合い・AIMに当たる部分です。

 

FPSに「カニ歩き」「壁際」があるように、LOLにも様々なテクニック・ハンドスキルがあります。

 

初心者がまず覚える、やらなければ行けないのは

敵のスキルを避ける・当たらないようにする

ということです。

 

他にもいろいろあるんですが、まずこれだと思いました。

先日初心者の人とノーマルに言ったんですが、ウルト中のルシアンと棒立ちで殴りあっていたんですね。

 

ある程度LOLをすると、

CSを食べている最中のキャラクターは動くことができないので、そこを狙ってスキルを撃つ、攻撃していく、ハラスを入れるということがわかってくるんですが、

おそらくまだ難しいと思います。

 

まずは敵のスキルを避ける。これを意識してください。

ポイントは多々あるんですが文章長い病になってしまうので今回は止めます。

 

・チャンピオン情報

上記のスキルを避けるため、その他ハラス交換等において、敵のチャンピオンの情報を持っていることは大きなアドバンテージになります。

 

この時、

「一人のあたりのチャンピオンの情報量が多すぎて覚えきれない」

と思う人が大半です。

 

「覚えられるっしょww」

という人が多々いますが、そういう人が

ゼドのパッシブを答えられなかったり、

自分の体力が4割しかないのにレーンに残ってチョガスに殺されたり、

タロンに殺されまくったり

 

しているところを何度も見ています。

 

じゃあどうすればいいか。

 

初心者の人はまず、大体のスキルの見た目、イメージ、効果をぼんやりと覚えてください。

そして、だいたいのスキルのCD(クールダウン)をがんばって覚えてみてください。

 

別に、

四六時中LOLwikiに張り付いてチャンピオンの情報を覚えてからサモリフに向かえ

とは言いません。

 

LOLは試合が始まるまでロード画面で待ちますね。

ロードじゃないですね、なんかあの味方と敵のチーム構成が見えてる画面です。

 

その時間にだいたい誰が自分の対面なのかわかるはずです。

そのときに何かしらのツールを使って自分の対面のチャンピオンのスキル、CDを調べてみましょう。

 

レーン戦が戦いやすくなるうえ、敵のスキルを覚えやすくなります。

 

まあ本来はフリーチャンピオンになっているチャンピオンをいろいろいじりながら、いろいろなチャンピオンの情報をだいたい把握して、自分の使いたいチャンピオンを決めていくというのが普通です。

 

・ビルド情報

LOLにはビルドという、MMOでいう装備があります。

このビルドによって、ほとんどのキャラクターの強さや特徴が変わってきます。

 

まあいろいろ言いたいことはあるんですが、多くの初心者の人は

opggというサイトを見て、そこに乗っている「ビルドのお手本」を見て真似します。

 

そのビルドの真似をしていくうちに、そのアイテムが持つだいたいの能力と値段、特徴を覚えられる

 

わけではないです。

 

 

たいていの人は、「opggに乗っているビルドの真似」をしてそこから先に発展しません。

 

・アイテムの特徴を覚える

・場合によるビルドの変更

 

を考えようとしない人が多いです。

ある程度やっていくと、ここにパワースパイク等の言葉が出てきますが今は良いです。

 

始めのうちはopggに乗っているビルドをそのまま真似してもいいです。

でもそれと同時に、自分が装備しているアイテムがどんな能力を持っているのか、

覚えなくてもいいから見てください。

 

アイテムには

・ステータス

・自動効果

・発動能力

・値段

 

の、4つの情報が含まれています。

最初はステータスを見てください。

 

上記のことを覚えずに、アイテムの正式名所を一生懸命覚えようとしている人が時々いますが、

最初のうちはアイコンとだいたいショップのどこにそのアイテムがあるかが覚えられればそれでいいです。

 

自動効果、発動効果は最初のうちは難しいので覚えなくていいです。

 

ただもし自分が積んでいるアイテムに「発動効果」と書いてあったら、そのアイテムがはまっている番号(1・2・3・4・5・6のどれか)

のキーを押してみてください。

 

たぶん面白いと思います。

 

 

・体のケア

これが一番大事かもしれません。

 

気付いていない人が多いかもしれませんが、

LOLは他のゲームに比べ、

画面を集中してみていなければいけない時間が非常に長いゲームです。

 

1試合に20~50分かけるゲームはそうそうありません。

 

なので、今までAVA等のゲームをやっていた人がLOLに移行した場合、

「19時間とか普通にぶっ続けでマッチしてたww」

等と言い平気がる人がいますが、それの比でないほどLOLは疲れます。

 

疲れるというか、

・首

・肩

・利き手の手の平

・筋

 

に異常な疲労が溜まります。

 

特に言えるのは、

LOLは姿勢に注意してプレイしないととんでもないことになります。

 

机にもインターを載せて、椅子に座ってプレイしていない。

つまり、床に座って低い机にノートパソコンを載せてプレイしていたりすると、たぶん首が徐々に曲がってきます。

 

ヘルニアには気をつけてください。

 

首から肩にかけての筋、背中側の肩の大きな筋肉のあたりに冷たい痛みを感じたらすぐに休憩をはさんだ方が良いです。

 

 

慣れてくると普段ゲームをしない人でも10時間はプレイできるゲームですが、体のケアには注意しましょう。

 

・メタ

これはある程度LOLを遊んで、半年くらいたった人たちが考えていくものです。

LOLは競技性の非常に高いゲームなので、時として、強すぎるチャンピオンが現れることがあります。

 

AVAでいうとナイフラがもうちょっとパワーアップした武器がある感じですね。

 

AVAは武器を客に買わせて設けているので何一つ対応はしませんし、買ってくれる客がいる限り対応する必要がないわけですが、

 

eSportsとして競技性を高めようとしているLOLは、こういった頭一つ出ているチャンピオンを定期的にチェックし、ナーフ(弱く)します。

 

その定期的チェックとゲームのアップデートをパッチアップデートと言い、

それをシーズンと組み合わせ、

 

7シーズン目の3回目のアップデートなら

7.3パッチ。7.3パッチアップデート等と言うわけです。

 

でもそのパッチが変わるまではチャンピオンたちはナーフされません。

これらの強すぎるチャンピオンたちはOverPower、OPチャンピオンと呼ばれます。

 

だから多くの人がパッチが変更されるたび、このOPチャンピオンたちを探し、ランク戦等で使用していくわけです。

 

また、メタと言う言葉はOPチャンピオンのことを言う言葉ではありません。

 

主にそのパッチ、そのパッチで、どんなチーム構成で、一人ひとりがどう動き、どういうビルドを組んだら勝てるのか。

 

そういう全体的な流れがメタです。

 

メタを把握することは非常に重要です。

 

 

 

結局情報はどこから集めてくればいいの?

 

LOLは2009年にリリースされたゲームです。

古参プレイヤーたちがたくさんの情報をまとめ、残してくれています。

そういったプレイヤーたちのブログ・ストリーム配信・youtube動画等を見ることで、多くの情報が入ってきます。

 

これは大きな声では言えませんが、そういう情報はプラチナ以上のレートの人から与えてもらうのが良いです。

理由は、わかりますね。

 

f:id:otohax:20170715161047j:plain

 

具体的にどこがあるか、というと、

マクロならyoutubeのコリアンUG

ミクロは上記のUG、LOL弱のブログ

チャンピオン情報はLOLwiki、もしくは某スマートフォンアプリ

ビルド情報はopgg

パッチごとのメタ情報は上記のUG、または、はうちゃれがいいです。

 

あまり他の人の名前をブログで使うのは検索等のアレでよくないのでURL等は張れませんが、検索すれば簡単にヒットすると思います。

 

僕はニコニコ動画のキングしめじさんが好きですね。

 

パンテオンでレーン戦勝てない人が読む記事

最近忙しすぎて全然ブログ更新できませんでした。

たぶん僕大学5年生行くんじゃないかと思います。

 

そんなことはさておき、

今回はパンテオンでレーン戦勝てない人が読んだ方が良いよ特集です。

 

実は半年くらい前に

「タイプ別・あなたのパンテオンスタイル!」

っていうフラッシュをAdobeで作ろうと思ったんですけどめんどくさかったので辞めました。

 

今回はそのときまとめたかった事を元に記事を書いていきます。

 

時間がないからサクサクいきますよ。

 

 

 

パンテオンでレーン勝てない時の特徴

 

箇条書きで行きます。

 

・チャンピオンを理解してない(双方)

・ガンク(アーリー、もちろんハードも)

・敵のスキルが避けられない。

・ビルドとマスタリー冒険してたら敵がノーマルなのにガチで来た。

・パソコンの調子が悪い。

 

 

以上4点です。

 

わかってると思いますが時間がないので上記4つの中に様々な要素を濃縮してます。

前に書いた「攻めすぎ」に関しては

 

・チャンピオンを理解してない

・ガンク

 

に当てはまったりしてます。

 

WE使ったら嫌でも殴りあうことになるんだから双方チャンピオンのパワースパイクの時間帯わかってないってことだし、

 

W使うってことは仕掛けるってことなんだからその瞬間からガンク体制ゼロになりますよね。

 

 

~省略~

 

他にもいろいろ書きたいんですが時間がないので過去の記事から探したりしてみてください。

 

 

今回言いたいのは

 

敵のスキルが避けられなかったらレーンが強いパンテオンでもレーン勝てないよ

 

ってことです。

 

なんでこれ書こうと思ったかっていうとこの前ラックスの記事書こうと思ったら6000字分のデータミスって消しちゃったからです。

盛ってないですよ。実際は6400ありましたからねえ。

 

 

チョガスのサイレンス

サイオンのE

ラックスは全部

ヤスオの竜巻

ゼドの、まあ全部

ダリウスの回転切り・・・

 

例をあげたらきりがないです。

 

基本的にこれらのチャンピオンのスキル、特にダリウスの回転切りは

ファーストリコール前に4回最大射程で喰らったらもうレーンでは勝てません。

 

「敵がCS喰ってる瞬間にハラス」

 

は基本であり、それをしてくるプレイヤーがたくさんいますが、

そのうえで敵のスキルは全部よけてください。

 

え、「どうすればいいのかわからない」?

 

じゃあいくつか方法を載せます。

 

 

 

①OFF・THE・WAVE

これはみんな大好きたくまん〇ロさんの動画でも言われています。

 

アーリ、チョガス、陰キャ忍者ゼド、、、、

 

ミニオンを貫通する攻撃スキルを持つチャンピオンを対面にするときは

ミニオンウェーブの外側に立つのが基本です。

 

「CSとハラスを一緒にさせない!」

 

等と、多くのサイトやウェブ、動画で言われています。

 

ただこれを見ると、

 

 

「なんだ。CSだけかよ。その程度か。」

 

と思ってしまう人がいるかもしれません。

 

でもよく考えてください。

 

あなたが敵のスキルを避けられないのは、敵があなたのCSを取る瞬間にハラスしてくるからです。

 

まああとはあれですね。

パンテオンはどのチャンピオンよりも高威力低CDの遠距離スキルを持っています。

Qですね。

 

あれのせいで多くの敵、特にメレーは、序盤はCSを取りにミニオンに近づきたくても近づけないんです。

 

そしたら敵はスキルを使って遠くからCSを取ろうとしますよね。

 

その時CSを取るのと一緒にあなたがスキルを喰らったらもう最悪です。

「敵にCSとハラス、両方でマナを使わせマナ不足にするという作戦」

が一つつぶれました。

 

「そんな作戦ないだろw」

 

と思った人がいると思います。

 

あなたはパンテオン

APE上げナサスとチョガスには勝てません。

 

さようなら。

 

それとオフザウェーブはゼドと戦う上でめちゃくちゃ大事です。

ゼドは手裏剣を投げてサンダーロードを当てることにより、

よくわからないけど詐欺レベルのダメージを出してきます。

 

それで体力が4割か5割になったらウルトとイグナイトとパッシブで落としてくるわけです。

 

ゼドのパッシブわかりますか?

わからなかったらまずそこからです。

 

あと影分身に近づかないでください。

 

回転切りされたらスロー状態になってQにとても当たりやすくなります。

 

Qでミニオンとチャンピオンを同時に殴れないゼドはどうしようもありません。

 

どんどんレーンをプッシュされたり、敵のスキルで殴られたり、敵を殺せそうなのに気が足りなくて殺しきれなかったり、、、、

 

オフザウェーブしましょう。

 

 

また、ラックスは少し例外です。

 

オフザウェーブでいいんですが、いや、もしかしたらオフザウェーブしない方が良いかもしれません。

 

ラックスと戦うとき、パンテオンのパワースパイクは、敵のプレイヤースキルに寄りますがレベル3~です。

 

パンテオンの立ち位置は、

いつでもラックスにWが打てる射程圏内

が最適です。

 

ラックスの欠点は、マナ消費と長いCD。

 

長所は射程の長いスキルです。いや、スキルの射程の長さと言うのが正しいでしょう。

 

スロウをくらわしてからスネアを当てやすくして一気にウルトを撃ったり、

もしくはスネアさせて確実にスロウを当てたりと、さまざまです。

 

 

しかしこの射程の長さが仇となります。

 

皆さんはラックスのE、スロウ攻撃が、指定地点に到達するまで爆発させることができないという事実にお気づきでしょうか。

 

これは言い換えるとこういうことになります。

 

「ラックスのEは、パンテオンが今いる場所が中心になるように発射され、パンテオンがいたはずの場所から出てしまえばEのアニメーションと当たってもスキルは当たらない」

 

という事です。

 

つまり、Eは来た方向の左か右に避けるのが教科書通りの答えですが、

パンテオンのWの射程内にラックスがいるなら、パンテオンはEをWでかわしそこから一気にハラス交換を仕掛けることができるということです。

 

また、先にWを使って仕掛けたりするとたぶん反撃を喰らうのでしばらくQだけで殴ってください。

midの対面ならQだけでたいてい削れます。ブラッドミアとかじゃなければ。

 

 

②早めに靴をつむ

 

MSが上がればスキルは避けやすくなります。

ADを積むよりも敵のスキルを避けたほうが勝ちやすいかも、

と思ったときは迷わず靴を買うのが良いですよ。

 

 

③腹をくくる

 

ダリウスとの戦いはこれでしのぐのがいいです。

 

上手いダリウスは回転切りをウザいぐらい当ててきます。

 

パンテオンのQを撃とうと思って近づいたら泣きを見た、

なんてよくある話です。

 

どう対策するかと言うと、

自分からはWは絶対に使わず、

ダリウスが回転切りを当てようとしてきたらタイミングよくWで張り付く

 

というのが最善です。

 

ダメージを半分もカットし、回復もほとんどさせません。

 

 

④敵チャンピオンを理解する

 

CD、射程、スキルコンボ等、

覚えればスキルをよけやすくなる上、

パンテオンがオールインしやすいタイミング、

仕掛けても大丈夫なタイミングがわかりやすくなります。

 

簡単な対象指定レーン最強チャンピオンであるからこそ、敵のステータスをしっかり理解していないと勝てません。

 

 

⑤疲れているときは無理をしない。

 

夜遅くまでゲームをしたり、嫌なことがあった日にLOLをすると、意識をしていても集中力は切れます。

 

そういうときにパンテオンを使うと、体力計算を間違えたり、敵のスキルをよけられなかったり、しまいにはハードガンクされたり味方jgが青スタートしたりと、嫌な事しか起こりません。

 

そういう時はLOLは止めましょう。

citiesskylinesをしましょう。

 

それでもLOLパンテオンがしたいなら、味方にすべてを委ねましょう。

 

タンクにしてあそんでみたり、

それだとレーンでも負けやすいのでマナを積んでウルトロームしまくったり、

 

いろいろやってみましょう。

 

 

それじゃあまた記事のデータが消えると怖いので今日はここらへんにしておきます。

 

対・SRナサスの対処法

今回はサンダーロード持ちのナサスの処理の仕方です。

 

前回ナサスの対処法について書きましたが、パンテオンで戦っているときにきついのは

 

サンダーロード持ち

ドランリングst

 

のナサスです。

CSを無理やりとりに来ず、パンテオンのQの届かない位置からEだけ当ててハラスしてくるナサス。

 

詠唱時間が短く、範囲が大きいので割と当たります。

そして序盤のMRの低い、ヘルスもそう多くはないパンテオンにとってそのダメージは大きいです。

 

 

どう対策すればいいの?

 

正直な話このマッチアップだと上手いほうのプレイヤーが勝ちます。

 

対策① レーンをコントロールする。

 

Eを連投するナサスの欠点。それは、レーンをプッシュしてしまう事です。

案外マナは持ちます。

だから永遠とEでハラスしてくるナサスと当たったらオフザウェーブするか、レーンをプッシュさせるか、どちらかはっきり決めましょう。

 

プッシュさせる場合、ナサスは間違いなくタワー下でCSを取るパンテオンにEハラスをしてきます。

これが意外と当たります。

ミニオンが邪魔で避けきれなかったり、CSを取るタイミングでEを使われたりするのでどんどん体力が削られてしまいます。

 

「あとE2発で死んでしまう。」

と思ったら迷わずに帰りましょう。

サンダーロードがあるので普通に死にます。

 

タワー下で生き残るために

 

Eハラスが痛いのは序盤だけです。

APを積むナサスはそういないので、パンテオンの基礎ヘルス・基礎MRが上がってくるとダメージはそう入らなくなります。

 

しかしパンテオンにとって大切なのはゲーム序盤。

耐えきるだけではパンテオンが腐ります。

 

対策 ビルドを考える

 

Eに耐え続けるためにファーストリコールでMRを積むのもいいでしょう。midやjgによってはへクスドリンカーに行くビルドでもいいかもしれません。

 

しかし問題なのは、ファーストリコール時にいくらお金をもっているかという事です。

 

へクスドリンカーは1300円、派生のマントは450円です。

 

f:id:otohax:20170621023401j:plainへクスドリンカー

f:id:otohax:20170621023357j:plainマント

 

レーンの状況から考えて、ほぼ100%1300円は持っていません。

 

「マントだけ積むのは不安だしネガトロンから派生するビルドに行かないなあ」

f:id:otohax:20170511094629j:plainネガトロン

↓ネガトロンから派生するアイテム

Item/Negatron Cloak - LoLJPWiki

 

かと言ってADキャラのパンテオンがMRとヘルスだけ積んでレーンに行くのも不満です。

 

ここで一つの打開策が生まれます。

 

ライフスティールです。

 

1000円以下のライフスティールつきアイテムはセプターとドランブレードの二つです。

セプターは

・900円

・ライフスティール10%

・AD 15

 

ドラン剣は

・450円

・ライフスティール3%

・AD 8

・ヘルス 80

 

です。

ドラン剣のライフスティールはドラリンとは違いユニークではないので重複しません。

ただしドラン剣を二つ詰むならヘルス160は詰めますがセプターが良いと思えます。

 

マントとドラン剣でいいと思えます。

 

ちなみにドラン剣を二つ詰むとヘルス160増えます。

ルビクリは400円でヘルスは150くれます。

f:id:otohax:20170621031358j:plainルビークリスタル

f:id:otohax:20170513095447j:plainヴァンパイアセプター

f:id:otohax:20170513071855j:plainドラン剣

f:id:otohax:20170621024715j:plainドラリン

 

初手ドラン剣はマナもちが悪いため好ましくないです。

 

これ以降はADを積むことを強くおすすめします。

 

中盤はある程度火力を積むかつ重傷剣を積まないと、ナサスと殴り合っても勝てません。

 

最初のレーニングがきついならファーストリコールでの重傷剣は諦めるしかないかもしれません。

 

バーストの出し方。

今回は、パンテオンバーストダメージの出し方についての記事です。

 

もともとパンテオンはバーストダメージが出るチャンピオンで、

かつスキルや立ち回りが非常に簡単なチャンピオンです。

 

ダメージ交換で負けて死んでしまったときなど、

 

「ああ、こうすれば勝てたかもしれないのに。。。」

 

と、思う事はめったにないと思います。

だって簡単なチャンピオンなんだから。

 

しかし、実はパンテオンにも「一番ダメージが出せるスキルの順番」があります。

対象指定スキル近接簡単チャンピオンのパンテオンだからこそ、

知っておくととても得になります。

 

 

コンボ

今回は全部のスキルを覚えているうえでのコンボです。

前のレベル別のコンボの記事は別で読んでください。

 

充分射程圏内にいる敵に対しては、

 

Q→W→AA→E→Q

 

が一番ダメージが出ます。

 

「え、WスタンのあとにAAをはさんでもいいの!?」

 

いいんです。

 

なんで射程の話をしているかと言うと、Qを撃ってから速攻でWが打てるからです。

アリスターのWQコンボと同様ではないですが、ほぼ同様に考えてもいいです。

 

アリスターのWQとの違いは、

アリスターのWの射程は650。Qは365です。

 

パンテオンのWの射程は600。Qの射程も600です。

 

「じゃあパンテオンもWQすればいいんだ!!!!」

 

ダメです。

 

パンテオンはWのアニメーション中他のスキルを使えません。

でもQを撃った瞬間、まだ敵がWの射程内に存在する場合、

Wキーを押すとパンテオンは槍に乗って敵にのしかかります。

 

Wの後はAAを一発はさむのが一番火力が出るのでAAをはさんでください。

 

でもQのクリティカルで一発で倒せると思ったらQでもいいです。

 

また、これは1対1での想定であり、集団戦においてはパンテオンは柔らかい火力を出すキャラを殺しに行くのが仕事であり、それがしにくい状況ならなるべく多くの敵にEを当てるのが仕事です。

 

集団戦、また、レーンの「仕掛けないハラス」ではなにが最善かをよく考えてスキルを撃ってみてください。

 

上記のコンボは時間がかかるように感じますが、パンテオンはスタンで敵の行動を1秒封じているうえ、AAを一度無効化しているため、落ち着いたら勝てる場面が増えるかもしれません。